残り2日!「塩田千春展:魂がふるえる」
17%オフで買えるチケット情報も!

 

 

 

 

スポンサーリンク

こんにちは。

 

ただいま、六本木・森美術館で開催中の一大企画展、
「塩田千春展:魂がふるえる」はもう行かれましたか?

 

ベルリンを拠点に世界的に活動するアーティスト、塩田千春さんの過去最大規模の個展です。
塩田さんの作品は糸とモノを結ぶ緻密な構成と、鮮やかな赤色が特徴的です。
一度見ただけで、目に焼き付いて忘れらなくなるほどの迫力があります。
私も先日、見に行ってきました~!

 

『どこへ向かって』(2017 / 2019)

※エントランス前に展示されているこちらの作品は、昇降中の撮影は厳禁ですのでお気を付けください!

 

 

 

 

 

 

『不確かな旅』(2016 / 2019)

 

 

『集積―目的地を求めて』(2014 / 2019)

 

 

『静けさのなかで』(2002 / 2019)

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これらの作品、インスタグラム等のSNSで一度は見かけたことはありませんか?

この企画展は一部写真撮影が可能ということもあり、アートファンだけでなくSNSユーザーからも非常に人気になっています。

特に、船がモチーフになっている『不確かな旅』という作品の部屋は入った瞬間思わず息をのむほどの迫力でした。

 

 

塩田さんはこれまで、世界各地の美術館・国際展・ギャラリーなどで300本以上の展覧会に参加してきたグローバルなアーティストです。

その中でも高い評価を受けてきた塩田さんの、25年間の活動を振り返るような内容になっています。

小さいころの写真や学生時代の絵画からインスタレーション・パフォーマンスの様子なども展示されており、作風の変遷を感じられるのも魅力ですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

開催はいつまで? 会期終了間際は大混雑!?

 

6月20日から開催されたこの展覧会は、10月27日で終了予定……。

それに加え、SNSでの投稿が更に人気に拍車をかけ、チケット購入だけでも1時間待ちになるときもあるほど!!

 

 

土日にもなれば、チケット購入までの行列+入館待ちの列で1時間以上の待ち時間になることは確実です。

おそらく、会期終了間近ですと1時間半程度まで伸びることも考えられます。

 

 

 

私は日曜日の朝イチで行きました。

森美術館の開館時間に合わせて10時に現地に着いたのですが、その時間に来てもチケット購入列だけで1時間待ちの行列でした。

おそらく朝8時半~9時くらいから並ばれているんでしょうね……。朝早すぎる……。

ですが、実は私は全く並ばずに入ることができました。その理由を皆さんにもお伝えしますね!

 

 

スポンサーリンク

並ばずに、しかも定価の17%オフで入場できちゃう!

 

 

私が利用したのは、遊び予約/レジャーチケット購入サイト「asoview!(アソビュー)」
というサイトです。

このサイトでは、定価の1800円(一般)のチケットが17%オフの1500円で買えちゃいます!

入場待ちならまだしも、チケット購入で並ぶのは時間がもったいないのですよね。

時間を短縮できて、しかも安くなる!かなりおすすめです。

事前にチケットを購入していた私は、らせん階段の行列を横目にすいすいエントランスまでたどり着けました。

正直、某テーマパークのファストパス並みの優越感がありました。笑

 

会期終了まで残り2日。みなさんもアソビューでささっとチケットをゲットして、ぜひ行ってみてください!

 

 


 

 

スポンサーリンク
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus