TOEIC目標点数別 おススメ参考書一挙公開!!
TOEIC 990点(満点)
TOEIC 990点(満点)
スポンサーリンク

TOEIC 990点(満点)

今回の記事では、私の自己紹介も兼ねて留学経験なし・純日本人の私が42歳の時にTOEIC 990点満点を取得するまでに行った英語学習の概要をご紹介します。

スポンサーリンク

小学校卒業まで

小学校卒業までは、英語に触れたことはほぼないに等しかったです。友人の中には小学生の英語スクールに通っている友人もいましたが、何分田舎で育ったので外国人を見たこともほとんどなく今と違って小学校で英語の授業もなかったので、HelloやYes, Noくらいしか知りませんでした。

スポンサーリンク

中学1年~中学3年

中学になりいよいよ英語を勉強しないとまずい、でも英語の勉強をしたことがないからどうやって勉強したらいいかわからない状態だったんですが、「単純に英語の教科書を単語・文章含めてすべて丸暗記しよう」と思い、愚直に丸暗記しました(笑)

この荒療治が功を奏し、学校の定期試験は毎回満点近く取っていました。中学生の間に文法と単語の基本的な知識を身に着けたと思っています。

スポンサーリンク

高校1年~3年

高校生になり、部活が忙しかったこともありあまり英語に時間をさけなくなり成績も急降下。高校で使っている英語のテキストが結構難しい内容であったため中学の時に行っていた教科書丸暗記ができなくなり成績はぱっとしませんでした。英語の先生が結構厳しい先生だったので、英単語と英文法の勉強だけはやっていました。でも大学受験には失敗し浪人生活を送ることになります。

浪人生時代

ひたすら英語の長文問題の問題演習に明け暮れました。そのかいあって最終的に英語だけなら偏差値70くらいは取れるようになっていました。

大学時代

ほとんど英語の勉強はしていませんでした(笑)

「自分の英語力は大学受験の時がピークでそれ以上上がることはないな」と思っていたので英語学習に対するモチベーションも低かったです。

就職後~2013年まで

まったく英語は勉強してませんでした。

2014年7月

私が勤めている会社に海外拠点ができたため、英語でのコミュニケーションが今後必要になってくると考え1か月ほど勉強して受験したところ550点でした。「はじめてにしてはまぁまぁかな」と思いましたが、TOEICの平均点が580点前後であること知り平均点以下か・・・とショックを受けました。

あなたのTOEICスコアは全受験者の何位くらい?

最短でTOEIC 600点をとる最もシンプルな勉強法

2015年6月

TOEIC 700点突破(760点)!TOEIC受験を開始した当初は700点取ったらTOEICは卒業しようと思っていたんですが、実際に取ったら欲が出てきてやっぱり800点取るまで頑張ろうと勉強を継続しました。

働きながら短期間でTOEIC 700点を取るためのたった1つのシンプルな戦略とは?

2015年10月

初めてTOEIC 800点突破!しかも860点という800点台後半の点数が出て非常にうれしかったのを覚えています。正直800点の壁を超えるのは非常に大変でこの数か月間が英語に関しては最も勉強した時期だったなと思います。

【TOEIC 800点への道】最短で取得する勉強法

2015年12月

TOEIC 900点突破(910点)!TOEIC900点以上というのは全受験者の中の上位3%以内にあたるそうでTOEIC受験界では「900点ホルダー」とかよく言われるくらい受験生にとってあこがれの点数レンジです。

留学経験なし・仕事ありでもTOEIC 900点を突破する勉強法!

ここで勉強をやめてもよかったんですが、「1回でいいから満点を取ってみたい」という欲求がわいてきましてひそかに勉強を続けていました。

なお、満点を取るために主に使用した参考書はこちらです。

TOEIC満点(990点)を目指すための参考書!!

2017年2月

ついにTOEIC 990点(満点)取得!初めて900点を取得してから1年2か月かかりました。。TOEICは800点/900点/950点と点数が高くなるごとに壁があり、気力・体力・時の運すべてが満たされたときにはじめて990点(満点)が取得できるのだと思います(笑)

TOEIC 990点(満点)

TOEIC 990点ホルダーの実力

でもTOEIC 990点なんて英語を使ってほんとうに何かしたいのであれば入り口のような実力だと痛感しています・・・。。

  • 英字新聞:なんとか読めるけど時間がかかりすぎてあまり実用的ではない。
  • 洋書:簡単なものなら読める。
  • 洋画:ぎりぎり筋が分かるくらい。字幕無しではきつい。せめて英語字幕が欲しい。
  • 洋楽:一部よく聞き取れないフレーズあり
  • 通訳:簡単な英語でならできるけど同時通訳はできない。同時通訳には専門的な訓練・スキルが必要。
  • 英語でミーティング:聞かれたことには答えられても、自分で進行とかはできない。
  • 英語でプレゼン:入念に準備すればできるが、アドリブには対処できない。

現在は、英語のスピーキング力を鍛えるためスカイプ英会話レッスンを定期的に受講中です。

TOEICの勉強法については、点数アップのためのコツみたいなのがあるので別の記事に書きました。そちらも併せてご覧いただければあなたの勉強のお役に立つかと思います。

ではまた。

最新記事を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
自宅がTOEICの学校に!

おすすめの記事